借金
配当で還元してほしい 現在の閲覧者数:
Powered By 画RSS
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 メス入れ!?
2011年07月25日 (月) | 編集 |
こんばんわ、NORIXです。

実は先週、いや先々週か・・・?背中に粉瘤(フンリュウ)腫という物ができている事が判明しました。
にゃーお曰く「かなり前から出来て気になっていた」との事だったのですが、さすがに背中なので自分で直接見る事がし難く、鏡に背を向けて見てもかなり見難かったりと非常に苦労しました。そんな事をしている内に、粉瘤が徐々に大きくなっていったらしく・・・。

丁度別件で経過診察に行ったついでにその背中のものの事を聞いてみました。その時にそれが粉瘤という事が判ったのです。
今まで粉瘤なんてできた事もなかったので「なんじゃそれ?」というのが本音でした。しかし、先生の説明を聞いている内にいろいろなことが判りました。
とりあえず、その日は「薬を飲んで抑えてみましょう。また一週間後に来て下さい」という事で、お薬を貰って帰宅してきました。

そして今日、経過観察の為に再び皮膚科へ行ってきました。
病院に着き、診察の為の手続きをしていると女性スタッフの方が近くに来てくれて「何かお困りですか?」と聞いてくださいました。「大丈夫です」と答え、自動受付機に診察券を差し込もうとした時、再び女性スタッフの方が「何科を受診されますか?」と聞いてくださいました。勿論「皮膚科です」と応えたのですが、

「皮膚科の診察時間は午後からですよ・・・。」

と言われ、診察時間一覧表をくださいました・・・。

勿論声にならない絶叫があがっていた事は言うまでもなく・・・。
はい、無駄足でした。

とりあえず一旦仕事に出て、午後からまた皮膚科へ行ってきました。
先生に「薬でゆっくり治すのと、切除するのどっちが良い?」という事を経過を診て頂きました。

長引くのが嫌なので、即「切る方」を選ばさせて貰いましたよ。すると、「それじゃあ、ここでやろうか。はい、そこに横になって~」と部屋にあるベッドにうつ伏せに寝かされ、切除開始!!
局部麻酔をし、患部にメスを入れ、膿を押し出すという方法でした。麻酔をしていたのでメスで切った時の痛みはなかったのですが、押し出す際に少々力技だったようで少し痛かったことは言うまでもなく・・・。でも、コレをやらないと膿が出ないんですよね。
膿を出し切り、患部を水洗いしたのですが、その時も少ししみる感じがありました。

とりあえず、「これで一段落なんだな」という感じはありました。
そのあとガーゼ等でガッチリと固定された事は言うまでもなく。(ちなみに今も付いています。)

明日また消毒をしなくてはならないそうなので、行って来なければ・・・。
今夜はアルコール類禁止だそうなので、ちょっと残念ではありますが。

明日の結果が気になります。
テーマ:日記
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。